スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これどうですか。。

 Image3186.jpg

 先日、仕事の空き時間に入った漫画喫茶でふと手にした本がありました。

 「モリのアサガオ」(郷田マモラ)というこの作品です。

 「新人刑務官と或る死刑囚の物語」とサブタイトルの付いたこの話は「死刑」を扱ったもので、読み応えのある社会派の素晴らしい作品でした。絵がユニークで独特なのもステキ。

 漫画喫茶では時間の都合で2巻までしか読むことが出来ず、続きが気になった僕は本屋さんに向かいましたが3件回っても置いてるところがなく、取り寄せてもらえるよう注文していたのです!

 それが届き、先ほど全7巻を読破。読み終わり、涙と共にため息が。。

 漠然としていた「死刑」について考えさせられました。簡単に賛成、反対を唱えられるものではなく、考えて、考えて、考えてもどちらということは僕には出来ないというのが読後の感想です。

 もうすぐ始まる裁判員制度で、極刑を求めることが裁判員に選ばれた一般市民に出来るのだろうかという事が議論されていますが、自分がその立場に立ったならば…ということを考えると「死刑」について何も知らなかったことが分かりました。

 一度皆さんにも読んでいただきたい、今日はそんな作品のご紹介でした。。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

漫画とは言えかなり深く重そうな内容が予想できますね
殺人犯は単純に極刑と思いますが
実際裁判に立ち会うと気持ちが揺れるのでしょうね
難しいと思います・・・ いつか映画化されそうな作品ですね

昔「ベルバラ」にどっぷりはまりました
オスカルとアンドレに憧れた事をぐみさんのブログ読んで思い出しましたv-398
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
記事一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google動画検索
Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ
Flashリバーシ
ドレミFlash
プロフィール

ぐみ

Author:ぐみ
吉本興業の漫才師「せかいちず」の「ぐみ」です。2009年1月よりコンビ名を「ボンゴレ」から「せかいちず」に改名!名付け親は今いくよくるよ師匠です☆その理由は…

リンク
ぐみの食べよし
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロ野球 今日の試合
お天気です。

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。